トルストイ

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5

  • くつやのまるちん

    くつやのまるちん [cgj-11]

    1,404円

    ロシアの文豪トルストイの民話「愛あるところに神あり」が原作。靴屋のまるちんは妻子に先立たれ孤独に悲しんでいました。悲しみを抱えながらも、人に優しく接するまるちんに奇跡が訪れます。

  • 人は何で生きるか

    人は何で生きるか [jp-301]

    972円

    行き倒れの男を連れ帰った靴屋。しかし家には明日食べるパンもない。男は黙々と仕事を覚えていく。終生をかけて人間とは何か、正しさとは何かを問い続けたトルストイが老年期に精力を注いだ民話作品のシリーズ。

  • 二老人

    二老人 [jp-303]

    972円

    聖地巡礼に出かけた二人の老人。途中で疲れて遅れてしまった一人は、ひどく貧しい村の一家に出会う。終生をかけて人間とは何か、正しさとは何かを問い続けたトルストイが老年期に精力を注いだ民話作品のシリーズ。

  • 愛あるところに神あり

    愛あるところに神あり [jp-287]

    972円

    子どもを亡くし生きる気力を失った靴職人のマルティン。工房の窓から道行く人を眺めていると…。 終生をかけて人間とは何か、正しさとは何かを問い続けたトルストイが老年期に精力を注いだ民話作品のシリーズ。 …

  • イワンの馬鹿

    イワンの馬鹿 [jp-302]

    972円

    裕福な百姓のもとに4人の兄弟がいました。セミヨンは軍人に、タラスは商人に、イワンは妹マラーニャとともに百姓になりました。仲の良い兄弟にケンカを起こさせようと悪魔がやってきますが…。 終生をかけて人間…