言の森 [jp-49]

言の森 [jp-49]

販売価格: 1,620円(税込)

数量:
奈良を拠点に活躍する詩人西尾勝彦氏の詩集「言の森」です。今回も前作「朝のはじまり」と同じように1冊1冊手作りされたこだわりの装丁です。初めて見た時、朝靄に包まれた春日原生林を思い浮かべました。皆さんも身近な「森」を想像されるかも。西尾氏の詩集を読んでいると、何気ない日常がとても愛しく思えてきます。皆さんも「言の森」を歩いてみませんか?


<西尾勝彦プロフィール>
1972年京都生まれ、奈良在住。
関西を拠点に詩の展示や朗読会を行うなど積極的に活動している。
詩集
『大きな鯨』(2008年/私家版)
『手ぶらの人』(2008年/私家版)
『つかの間のこと』(2009年/私家版)
『雲の晴れ間に』(2009年/私家版)
『朝のはじまり』(2010年/ブックロア)
『フタを開ける』(2010年/書肆山田)
『木の中に入る』(2010年/私家版)
『理想的な過ごし方』(2011年私家版)

商品詳細

作・絵 西尾勝彦(著)
サイズ たて17.5cm×よこ12.8cm
発行・テキスト 2012年 BOOKLORE刊 日本 69頁 テキストは日本語
状態 新刊です。