TEDDY PUSCHELOHRS ABENTEUER [g-85]

TEDDY PUSCHELOHRS ABENTEUER [g-85]

販売価格: 4,000円(税込)

数量:
Zbigniew Rychlicki(ズビグニェフ・リフリツキ)(1922-1989)

ポーランドを代表する画家のズビグニェフ・リフリツキはクラコフの絵画芸術研究所を卒業した後、ワルシャワ国立出版社Nasza Ksiegarnia(ナシャ・クシャンガルニア社)の美術担当編集者となり、ポーランドの絵本出版に貢献しました。

リフリツキは1982年に『Przygody i wedrowki Misia Uszatka』で国際アンデルセン賞画家部門大賞を受賞し、1985年には「ミーシャのぼうけん」としてほるぷ出版より邦訳版が出版されました。(日本では続編として「かえってきたミーシャ」も出版されました。)アンデルセン賞を受賞した際のスピーチがとても素晴らしいものだったので以下抜粋します。

「現代社会の様々なドラマに無防備に直面する子どもの問題は、私にとって最も重要なものだったし、これからもそうでしょう。私は幼い登場人物を形作ることにこそ絵の重要な役割があると考えてきました。美しい理想、つまり幸せな子ども時代を過ごす権利を実現するための作品をつくることに力を入れてきました。武力抗争、不寛容、社会の不正、人種差別が、今や社会の恐ろしい病癖の源となって社会に影響を及ぼし、子どもたちまでも巻きこんでいるからです。」


こちらはポーランドの出版社から出たドイツ語版です。1968年の発行です。1969年に出版されたポーランド語版とはかなり印象が違います。たった1年の差でなぜここまで違うのか…。初版はおそらく1960年ですから(Misia Uszatkaというお話は1957年からあるようです)、版を重ねた後に2通りに分かれたのでしょうか。ちなみに挿絵が同じ(微妙には違います)なのはポーランド語版とチェコ語版。ドイツ語版とハンガリー語版という組み合わせです。


■写真をクリックすると大きくなります。

商品詳細

作・絵 CZESLAW JANCZARSKI(作)ZBIGNIEW RYCHLICKI(絵)
サイズ たて28.4cm×よこ20.2cm ハードカバー
発行・テキスト 1968年発行 68頁 ポーランド テキストはドイツ語
状態 経年によるやけ、シミあります。ダストカバーは無し。

状態について