日本

日本

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

71

  • つみきのいえ

    つみきのいえ [jp-102]

    1,512円

    海の上の小さな家にひとりで暮らすおじいさん。海水が上がるたびに、つみきのように家を作り増していました。ある日、落としてしまった大工道具を拾うため、海に潜ったおじいさんが見たものは……。アカデミー賞短篇…

  • おさらをあらわなかったおじさん

    おさらをあらわなかったおじさん [jp280]

    842円

    耳の痛い絵本です。食事の後片付け億劫ですよね?小人がやってきてサッと片づけてくれないかしらと何度思ったことか。このおじさんもそうです。お皿を洗わずどんどん放置、そのうちに置く場所も無くなって・・・。片…

  • かえるのピータン

    かえるのピータン [jp290]

    1,404円

    かえるのピータンが蓮の葉の上で休んでいると、渡り鳥のパーチクがやってきて旅の話を聞かせてくれます。そしてピータンにも旅をすすめます。でもピータンは自分の住む池の素晴らしさを語り始めます。 世界は広い…

  • おたんじょうびケーキ

    おたんじょうびケーキ [jp-289]

    1,512円

    子どもの頃、生クリームが苦手でたんじょうびケーキはチーズケーキでした。華やかさは無いけれど、ロウソクを吹き消す時の嬉しいような恥ずかしいような気持ちはよく覚えています。この絵本の主人公あいちゃんは5歳…

  • ネコヅメのよる

    ネコヅメのよる [jp-296]

    1,512円

    人々が寝静まる夜、コッソリと家を抜け出すネコ。今晩はアレが見られるチャンスです。暗がりで光る目をみつけたら、ネコたちのひみつの集いかもしれません。

  • サンタのなつやすみ

    サンタのなつやすみ [jb-22]

    980円

    サンタが夏休み?そもそも冬の特別な一日以外、残りはぜんぶお休みなのでは……?との疑問はさておき。バカンスは全力を挙げて満喫するものだ!という信念、これはちょっと見習いたい。

  • じごくのそうべえ

    じごくのそうべえ [jp-252]

    1,512円

    落語家桂米朝の高座でも大変人気の上方落語「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」を題材にした落語絵本です。落語だけに大人にも子どもにも大人気。勢いと動きのある田島征彦さんの絵はまさにピッ…

  • わたしとあそんで

    わたしとあそんで [jp-246]

    1,188円

    女の子が原っぱへ遊びに行きます。そこで出会ったカエルやバッタに遊びましょうと近づきますが、みな逃げてしまいます。一人寂しく座っていると虫や動物たちが寄ってきて…。野生動物はこちらがいかに好意を持ってい…

  • ぼくがとぶ

    ぼくがとぶ [jp-249]

    1,404円

    ひこーきを作る少年そしてそのひこーきはほんとうに空を飛ぶのです。佐々木マキさんは子どもの頃、航空少年だったのではと思うほど、ひこーきは大変詳細に愛情をこめて描かれています。タイトルの「ぼくがとぶ」はひ…

  • わたしのワンピース

    わたしのワンピース [jp-216]

    700円

    表紙の足踏みミシンが懐かしい!それもそのはず初版は1969年です。そして現在100刷りを超えるロングセラーなのです。ある日真っ白い布が落ちてきて、「わたし」はワンピースを作ります。お花畑を散歩したらあ…

  • モーモーまきばのおきゃくさま

    モーモーまきばのおきゃくさま [jb-73]

    1,512円

    心優しい牛は美味しい草をみんなにも食べてほしいと、様々な動物たちを牧場へ招待します。歌を歌ったり、鬼ごっこをしたり楽しく過ごして、さぁいざご馳走となった途端に犬やねこから不満が出ました。それもそのはず…

  • ふしぎなたね

    ふしぎなたね [jp-197]

    1,566円

    一粒のたねそこに宿る生命の不思議を子供にもわかりやすく伝えています。初め主人公は怠け者だったのですが、二つの種を手にしてその実りを大切にするようになってから働き者へ少しずつ変わってゆきます。自然、気象…

  • なかなおり

    なかなおり [jp196]

    1,458円

    暗い雨の日は気分も沈みがちです。ついムシャクシャして家族に八つ当たりしてしまったり。するとイライラをぶつけられた方もまたイライラ…。そんな時でも何も知らない愛犬のパジーは愛情たっぷりに抱き着いてきます…

  • うめぼしさん

    うめぼしさん [jp188]

    1,296円

    「うめぼし」その姿を想像するだけで口がすぼまってしまいます。おにぎりの具の中でも一番好きです。そんな大好きなうめぼしがどうやって作られるのかを知ったのは大人になってから。もっと小さな頃にこの絵本と出会…

  • 森のクリスマスツリー

    森のクリスマスツリー [jp102]

    1,296円

    クリスマスが近づくと森番のおじいさんは町へクリスマスツリーを売りに出かけます。でも大きなモミの木だけは森に残しています。これは森の動物たちに恵みを与えてくれる大切な木だからです。人間と動物が自然の恵み…

  • たびするおやま(サイン入り)

    たびするおやま(サイン入り) [jp-177]

    1,404円

    絵本作家ほんまわかさんの最新刊が入荷しました。奈良の春日山や三輪山がモデルとなった物語。まちのシンボルであったおやまはみんなに愛されていました。ところがいつしかかえりみる人もいなくなり、ついにはゴミま…

  • マリールイズいえでする

    マリールイズいえでする [jb-60]

    1,512円

    マングースのマリールイズはお母さんと仲良く暮らしていました。でもある時、いたずらを叱られて、お尻を叩かれてしまいます(お尻叩きは日本だけではないのですね!?)怒ったマリールイズは「新しいお母さんを探す…

  • あまつぶぽとりすぷらっしゅ

    あまつぶぽとりすぷらっしゅ [jb-50]

    900円

    雨粒のほんの一滴が水たまりになり、池になり、小川となってやがて海に流れ込む。自然の姿をあるがままに表しています。「ぽとり ぽっとん ぽたぽた」と滴の音に耳を澄ませば自分もいつしか雨粒となって旅をしてい…

  • はしれ、きたかぜ号

    はしれ、きたかぜ号 [jb-55]

    1,000円

    ゆきこちゃんはたった一人で青森に住むおばあちゃんに会うために夜行列車きたかぜ号に乗りました。初めての一人旅は期待と不安で胸がいっぱい。海岸線を走る列車の車窓から海に浮かぶ漁火と光る魚の群れが見えます。…

  • おやすみてんし

    おやすみてんし [jp-176]

    1,404円

    なかなか眠れない夜、はなちゃんは小さな声を聞きました。それは眠りにつく前の子どもたちの声。お人形に夢中になる女の子、ケンカした友達のことを思い出す男の子、それぞれの夜を迎えて明かりを消すと…。眠りにつ…