お知らせ

本日10/22(火)は「即位礼正殿の儀」に伴う祝日ですが、弊店は休業とさせていただきます。何卒ご了承ください。
● 絵本とコーヒーのパビリオン ● 〒630-8243 奈良市今辻子町32-5  木〜日・祝日  12:00-19:00(18:30 L.O)  ≫行きかた

店長ブログ

人生フルーツ

ついに奈良で上映会が!『あしたも、こはるびより。』(主婦と生活社、2011年)を読んで以来、ずっと気になっていた映画です。 建築家の津端修一さん(1925-2015)と奥様の英子さん(1928-)の暮らしを追ったドキュメント。ナレーションは樹木希林さんです。 津端修一さんは東大在学中に丹下健三のもとで学び、アントニン・レーモンドの事務所を経て日本住宅公団へ勤めました。そこで高度経済成長時代の団地やニュータウンといった都市計画に携わります。修一さんは自然の地形を生かし緑に囲まれた街づくりを目指しますが、結果的に利益最優先の大規模開発が優先され、挫折を味わいました。 しかし修一さんはそれならと自ら土地を買い、アントニン・レーモンドの自邸に模した家を建てます。30畳一間の平屋建て。周囲に様々な木を植え、庭には畑も作りました。 50年が経ち家は見事な雑木林に囲まれ、畑では70種類の野菜と50種類の果物が育つようになりました。はじめた当初は見向きもされなかった暮らしが、今では海外からも取材を受けるほど注目されています。 個人的にはこの30畳一間という家の作りにとても惹かれます。本棚や食器棚をうまく使い空間を分けることで、個々のスペースを確保しつつ風通しもよい家を実現しています。 豊かに暮らすとは何か、ほんとうに必要なものは何か。たぶん本人たちにとってはまったく片肘を張らない自然な暮らしなのでしょう。でもそれがいま非常に示唆に富んだものとして注目されるのも分かる気がします。 「人生フルーツ」も観られる機会が少なくて残念に思っていたところ、なんとこのたび奈良女子大学で上映会が開催されるとの吉報が! 特にいまの学生さんに観てもらいたいと先生が有志で企画されたものですが、どなたでも参加できます。なかなかないチャンスなので、ご興味のある方はぜひお見逃しなく。 ■「人生フルーツ 講演会&上映会」 日時 : 2019年11月6日(水)16:30-19:00(受付16:00~、入場16:25まで) 会場 : 奈良女子大学 講堂 講演 : 「豊かな暮らしの輪をつなぐ」武田重昭さん(大阪府立大学 生命環境科学域 准教授) 参加費 : 500円(申し込み不要。直接会場へお越しください)